よくあるご質問

年金についてのご質問

日本の公的年金の仕組みは、どういう仕組みなの?
日本の年金制度は国民年金(1階)と厚生・共済年金(2階)、
企業年金(3階)の3階建てになっています。

日本の年金制度は、自営業者らが加入する国民年金と、会社員が加入する厚生年金、公務員が加入する共済年金の3種類があります。

20歳以上60歳未満のすべての国民が、この3種類のいずれかに加入し、原則として25年以上加入しないと年金は支給されません。(中高年は特例有り)

1階部分の国民年金は、国民全員が加入する共通の制度です。
会社員等は、1階部分の上乗せとして厚生・共済年金(2階部分)があり、厚生・共済年金の人は、国民年金にも加入していることになります。
収入がない会社員等の配偶者(専業主婦)は、国民年金には加入していますが保険料の負担はありません。中には勤めている企業によって、さらに企業年金(3階部分)を設けている企業もあります。