よくあるご質問

住宅についてのご質問

住宅ローンの選び方とは?
多様化した住宅ローンからニーズに合ったものを選ぶ。

住宅ローンは、多様化しています。金利タイプや返済方法、返済期間、返済負担額などそれぞれの商品の特徴から自分のニーズに合ったものを選ぶことが大切です。

●金利タイプ
変動金利型、固定金利期間選択型、全期間固定金利型があります。

●返済方法の選択
①元利均等返済・・・元金と利息が毎回一定となる返済方法で、最も一般的な返済方法。
②元金均等返済・・・毎回、一定額の「元金」を返済する方法。当初の支払額は多いが、返済が進むにつれて支払額が少なくなります。元金均等返済よりも総返済額は少ない。
③毎月返済とボーナス返済・・・ボーナス支給額は会社の業績によって大きく左右されるので、ボーナス返済のウエイトはできるだけ低く抑えることが望ましい。

●付加サービスの比較
①自動繰上返済・・・住宅ローンの引き落とし口座の残高が当初設定した一定額以上になった場合、上回った分を自動的に繰上返済するローン。
②自由返済型住宅ローン・・・家計の負担が増える時期など、返済途中で元金の返済を休み、その間は、利息のみを支払う仕組みのローン。
③預金連動型住宅ローン・・・預金残高に連動して住宅ローンの利息が変わるもので、代表的なものはローン借り入れの金融機関に預金残高と同額までの借入金には利息がかからないローン。

●総支払額で比較する
住宅ローンを借りる場合の支払い負担は、金利のほか、保証料、事務手数料、団体信用生命保険料などがあります。ローンの負担額を比較検討する場合には、これらを総合的に判断することが必要です。