よくあるご質問

住宅についてのご質問

マンションを購入する場合の資金計画の注意点とは?
新築マンションと中古マンションでは必要資金が異なる。

マンションを購入する場合の資金は、新築物件を購入する場合と中古物件を購入する場合で異なります。

新築物件の場合は、まず申込金を支払い、その後の売買契約時に手付金を支払います。
申込金は一般的に10万円程度で、手付金は物件価格の5~10%です。また、新築物件の場合は、建物が未完成のことが多く中間金を支払うケースもあります。中間金の額は、デベロッパーによって、大きく異なりますので、申し込む前にしっかり確認することが大切です。その後、建物が完成し引渡しの際に残金を支払います。

中古物件を購入する場合、新築物件と異なるのは、申込金は必要ありませんが、仲介手数料が発生する点です。
支払う時期は売買契約時と残金の決済時にそれぞれ半額を支払います。仲介手数料は「(物件価格×3%+6万円)+消費税」です。たとえば、2,000万円の中古物件の場合は、(2,000万円×3%+6万円)+消費税=712,800円となります。

マンションを購入すると、物件にかかる諸費用及び住宅ローンにかかる諸費用が発生しますが新築物件の場合は、
物件価格のおよそ3~5%、中古物件で5~10%です。

※マンションを購入する場合の資金計画のポイント

・新築物件の場合、修繕積立基金などの一時金を一括で支払う場合が多い。
・管理費・修繕積立金・駐車場代など住宅ローンの返済以外に固定費がかかることを加味して住宅ローンを借入れる。
・修繕積立金は築年数が古くなるほど高くなるので、将来は値上がりすることを念頭においておく。