よくあるご質問

年金についてのご質問

年金の種類は、どんなのがあるの?
年金の種類は、老齢年金、障害年金、遺族年金の3種類があります。

国民年金に加入している自営業者や専業主婦は、65歳から老齢基礎年金が支給されます。また、厚生年金や共済年金に加入している会社員や公務員等は、60歳から特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)、65歳からは老齢厚生年金に老齢基礎年金が追加され支給されます。
老齢基礎年金は、原則「第1号+第2号+第3号被保険者≧25年」で支給されることになっている。

公的年金は老後の年金だけではなく、病気やケガで障害者になったときには国民年金
から障害基礎年金、厚生(共済)年金からは障害厚生・共済年金が支給されます。

また被保険者が亡くなった場合には、遺族基礎年金、
遺族厚生(共済)年金が支給されます。
自営業者には遺族基礎年金の支給だけですが、会社員や公務員等は
遺族基礎年金に遺族厚生(共済)年金が支給されます。

企業年金にも同じような障害年金や遺族年金が、支給される
仕組みがあります。

注:公務員の場合は、老齢厚生年金=退職共済年金